以外がドキドキを

(前掲害三三頁)交渉の失敗でも、事業の失敗でも、離婚でも、失恋でも、入試の不合格でも、体験はいろいろある。その体験によって強烈な心の痛手を受ける人がいる。しかし受ける心の痛手は、その人によって異なるであろう。さらに、その受けた心の痛手を処理する仕方は人によって違う。その心の傷にうずくまる人がいる。何もしないで一日中家に閉じこもる人もいる。友人を誘つうばて憂さ晴らしをする人もいる。同じような例としてよくあげられる種田山頭火にしてもそうだ。山頭火は、たった一人で日本中を貧乏の旅をして歩いた俳人だ。物もらいをしながら一生をすごすなど、並の人間にはできない。だから、良寛も山頭火も偉いと思う。だけど、決してそうなりたいと思うような人ではないだろう。使うべきところにしっかt)お金を使う普通の感覚なら、物もらいをして歩いたり、お布施をもらいに歩くよりも、お布施をあげるほうになりたいと思うものだろう。知覚の中には、見る、聞くなどの、いわゆる五感が含まれている。そしてこのように、感じたり、考えたりする心を「表屑意識」と名づけたのである。表層意識が心のわずか十数%多くとも二○%にしかならないのなら、理性への信頼は根本的に崩れることになる。では、残りの部分、すなわち心の八○%以上の部分とは何か?この点についても、フロイトは無数の実験により結論を出した。すなわち、「本能」や「習慣」などが残りの部分にあたると証明したのである。行く先とか決めないで、ふたりで地図見てあ、一回渋滞にハマって車の中で食べちゃったこと、あったよねえ?」「そうだつけ」「う-ん、85天国のダイスケヘ「食べたら眠くなっちゃって、パキングごとに、どっちが運転するかでジャンケンしたじや全ぷい」「ああ、おまえぷおまえがあと出しばっか、したんだ」「何言ってんのてんの、自分がジャンケン弱いだけでしよ」「違うよ。俺は俺はおまえのズル見逃してやったんだよ」「よく言うよ-」由比子はそう言うと洋平のわき腹を小突いた。自分のテ7が悪用されて、この老人は打ちのめされ、妻とウィルを連れて南米へ移住しました。彼の妻カで教育を受けたペル。彼女も作家でしたが、その基本にはアメリ育ち、東洋的な哲学を持っていました。彼女は、人生とは内なる悟りに達すること、すなわち、心の平和と俗事からの脱却を特徴とする高次の意識に到達することだと、考えていました。彼女によれば、人生は完全を目ざすことではなかったのです。ただ可能性をさぐってるだけよ」うなことが実こでそんなことことを知ってるし、際起こってるってことも知ってるわ。わたしだってそれほどうぶじゃないもの。が起こるとはとても思えないるかも知っ思うかつて」ことよのよ。ここは結びつきの強い町よ。みんながお互何をやっててるわ。つまり、わたしがいいたいのは、そんなことシーをやったら会話がとぎれた。ルは考えこむ手に氷をすくいあ近所の人がどうように、グラスの中の氷をまた混ぜ、それかげて口の中に入れた。(池田謙一『社会のイメジの心理学』からサイエンス社)それと同じことで、これだけ叩き続けられれば、週刊誌が「あの創価学会」とリドするだけで、一だけで、読者の眼はたちまちにして、いかがわしきしか見えない〃色眼鏡(めがね)″を着用してしまうことになる。心あるメンバは、常に、残念に思っているに違いない。なぜ、週刊誌は、創価学会の〃虚像″だけを流し、型像″だけを流し、世界的評価を受ける〃実像″には、とんと触れようとしないのか、と。栗林の部下が所用で一時帰京し、東松原の留守宅に立ち寄ったときに聞かされたという。栗林の妻も硫黄島よりは父島にいてほしいという思いがあったのだろう、「藤田副官の父親が、父島の方が安全だといっている」という内容の手紙を書き送ったようだ。それに対し栗林は以下のように返事を書いている。藤田のお父さんが硫黄島より父島が安全だろうと言うたそうだが、その通りでしょう。しかし日本を守るためには硫黄島にいるほうが遥かに大切なのでそこにいるわけで、一身の安全不安全は考えておれないのです。